せふれサイトと偽った悪質サイトの詐欺の手口の大半は架空請求だと言えます。ワンクリック詐欺というのも使用してないサイトの利用料を請求するので架空請求の一つに含まれます。しかし、サイトにテクニックが施されているから個人情報が盗み取られた錯覚に陥ってしまいます。だから怖いと思い払ってしまうケースが後を絶ちません。

ワンクリック詐欺というのは詐欺手口の区別では一発モノと言えますが、中には継続的な詐欺も存在します。架空請求はは継続的な詐欺だと言えますので こちらの方が被害金額が大きくなってしまいます。

最も良くあるパターンが、完全無料と書かれていたサイトの会員登録をしたら、自動的に有料の姉妹サイトに登録されてしまうケースで、有料サイトの利用料を支払うようにで請求が届きます。入会の時に電話番号やメルアドを登録している場合は、何度も続けて請求がきます。一番最初だけ文書での請求ですが、次からは電話での催促になります。

大抵の詐欺は詐欺師と言うのも憚られるほど幼稚な言葉遣いで攻撃してくるから、まともに受け取らなくてもいいと言えます。こちらから電話を切る、もしくは警察に知らせるだけでOKです。あまり深追いしたら自分の身がヤバクなると相手に感じさせれば、その後は詐欺師に出回っているブラックリストに登録されるので 詐欺被害から無縁になれます。

ここで考えられる対策としては 最初からおかしなサイトには登録をしないということだと思います。だけど、完全無料と書かれているサイトでもサイトの入会規約をきちんと目を通すと姉妹サイトにも同時登録する旨が明記されているので、事前に確認さえ怠らなければ詐欺に合うこともありません。

完全無料のサイトはほとんどないと言えるので、最初に完全無料と書かれているのは事実なのかどうか きちんと確認する必要があります。そうすれば詐欺行為と係わり合いになるのを避けれます。

関連記事